「私の生き方」

私のポッドキャスト「私の生き方」へようこそ

March 10, 2024 Life Designer
「私の生き方」
私のポッドキャスト「私の生き方」へようこそ
Show Notes

皆さん、こんにちは。私のポッドキャスト「私の生き方」へようこそ。高校の時,ある日、友人が X-JAPAN の「First Love」という曲を教えてくれ、私に音楽の世界が開かれました。他の多くの人々と同様に、私も多くの日本のドラマとかアニメを見て青春時代を過ごしました。
今の自分がどうしてそのような人間になったのか、考えたことはありますか? 自己認識を持つ前は、私はこの質問についてわざわざ考えたこともなかったし、考える能力もありませんでした。今、意図と意識を持って人生を生きている人として、音楽と映画への私の初期の文化的接触が、私の根底にある価値観や性格を築く上で深い影響を与えたことに気付きました。人生がどん底に陥ったとき、深刻な影響が現れるのは明らかです。幼い頃から植え付けられた忍耐力と粘り強さのおかげで、大人になってからのハードルや挫折を乗り越えることができました。
この最初のエピソードで何を含め、何を伝えたいのでしょうか?それは、本当の自分と向き合う 、私は、自分の生き方に焦点を当てることに決めました. それは、「誠実さ」「価値観」「情熱」という 3 つの要素が含まれています。
私たちはこの人生を生きるために自分自身に忠実であり続けなければなりません」と坂本先生は言いました。
自己への誠実さ、私が行うすべてのことの核心にある。現在の自分は、徹底的な自己への誠実を目指しています。内なる声を聞きながらも、合理的な思考と戦略的な計画に基づいて行動します。これは私の日常的な繰り返しの実践となっています。たった一文で要約することもできますが、自分に忠実であり続けるのは長い旅であり、今も続いており、自分のアプローチを常に検証し、確認しています.
私がポッドキャストの旅を始めたのは、数年前の突然の会話で、坂本先生の名前が出たときでした。思い返してみると、それが一連の出来事のきっかけでした。当時、私は先生の出たインタビューをほぼすべて見ていました(そのうちのいくつかは中国メディアとのインタビューでした). それはどこから出てきたような狂った理想であるが、私がいつか先生にインタビューするという目標を立てたのは、その目標の非現実的な側面が、毎日を生きるための絶え間ない原動力となり、非常に野心的だが挑戦的な目標に向かって私を駆り立てるからです。また、正直に言うと、ここ数年、私は自分のパッションを求めることで、先生の生き方と永遠につながることができ、そのことに非常に満足し、恵まれていると感じています。いつの間にか、先生とのインタビューが必要ないと感じるようになりました。
坂本先生は先駆的な音楽家であり、人間のアーティストの典型です。先生の音楽はすべての人のために作られており、常に音楽制作に革新を取り入れます。先生は「私は自分のことをあまり信じないし、自分の好みや考えにあまり固執しません。だから、常に自分の今の考えが正しいかどうか疑問に思う性格です。音楽を作るとき、どちらの音が良いのか常に疑問に思います。そのため、締め切りは非常に重要です。強制的な締め切りがあるから、この仕事を終えたら次の仕事に移ることができます」と述べました。私は先生の死を深く悲しんだのは、先生がただもっと音楽を作る時間が欲しかったからで、がんと懸命に闘ったが、結局、がんに負けてしまったからです。
ステージに立って自分の役割を果たさなければならない。それが人生だ」と坂本先生は言いました。
2024 年は、私が心を込めて高品質のコンテンツを制作するという究極のビジョンを迎えます。しかし、私にとって高品質のコンテンツとは具体的に何であり、どのようにして基盤から構築するのか、その答えはますます明確になっています。私は自分の真正さ、価値観、情熱に一致して生きるだけです。これが私の進むべき道であり、正しい方向に導いてくれるために本質的に不可欠です。スキルアップに関して、私は毎日努力し、一貫した練習を通じて微妙だが実感できる進歩を遂げています。今、このパッションを求める旅を続けるみんなは、コンテンツ作るが孤独ながらも進化する旅であることを共感すると思います。数年前、ある音楽家が私にこう言いました。「業界関係者以外には誰も違いが分からないものを何時間も何時間も編集した。」今、私が彼に共感するのは、それが私の作品への取り組み方にもなっているからです。これを執拗な完璧主義とは考えませんが、むしろ人間が持つ真の強靭さだと考えています。
だから、私は常に人間性を信じており、人生には希望があると強く信じています。 さまざまな業界で、多くの真に才能ある人材が自分の可能性を最大限に発揮するために努力しています。 彼らは固有の回復力と革新性によって支えられており、混乱を乗り越え、型を打ち破り、限界を超えることができます。 彼らは粘り強く、たゆまぬ努力を続けて、より良い未来と世界を書き換え、再構築します
彼ら全員に対して、私の最大の敬意と感謝を表させてください。彼らが決して自分の知識や技能を無駄にすることなく、一生懸命働いてくれたことに感謝します。彼らは、次世代に受け継がれる素晴らしい貴重な遺産を創り出しました。
私のような特別な才能のない人にとって、私たちは喜びと充実したライフスタイルをデザインできると絶対の確信を持って信じています。私たちは皆、それぞれに独自の答えに向かって旅をしています。一緒にいれば、私たちは一人ではありません
私はこの世界を深く観察する人になりたい。私も、なぜ私がやっていることをしているのか、自分自身に問いかけます。層を剥がすために、この旅の重要な部分には、私の情熱を明らかにすることが含まれます。コンテンツを作成することは私に純粋な喜びをもたらしますが、それが私の本当の情熱であると認識するまでに 3 年かかりました。しかし、私のポッドキャストを聞いて元気になってくれた人が一人でもいたら、それが一番の達成感であり、最終目標は達成できたと思っています。それが、自分の真の姿勢でこの世界に存在し、また、自分の知識と技能を活かしてこの世界に価値を生み出すことができれば、私にとって一番の幸せです。
ゲストの皆さんが私を信頼して、話を聞かせてくれたことに深く感謝しています。また、ポッドキャストのゲストの一人であるアーティスト写真家の Miki さんとも、純粋な友情を築きました。彼女は私の人生の中でとても強い光になりました。私たちはいつもお互いを応援し合うチアリーダーであり続けます。最近、彼女と家族は東京に戻り、彼女の写真のビジネスとともに新たな人生の章に乗りました。私たちは二人とも、私たちにどのような未来が待ち受けているのかを楽しみにしています。
誰かがかつて言った、内なる芸術を世界と共有すると、魔法が起こるということ。この内なる芸術は、メッセージとか音楽とか、またはビジョンなど、何でもあります。私はよく、音楽家の音楽や誰かの優しい言葉、または人々の内なる芸術によって元気づけられます。だから、私も自分の内なる芸術を共有したいと思います。私のシェアが、誰かに少しの喜びやエネルギー、または一瞬の希望をもたらせることができれば、とても嬉しいです。誰もが才能を持って生まれたわけではありませんが、ただ粘り強く、あきらめずに頑張ることで思った以上に前進できます。そして、少しのユーモアのセンスがあれば、本当に大丈夫です。私はその生きた一例です(LoL)。自分に限定を設けず、毎日自己を向上させることを目指しています。このマインドセットが私の人生を導く中で、私は自分の全ての創造的な可能性を開放し、責任も果たす最高の居場所にいることがわかりました。最終的には、私たちは責任を持ち、面白い人になりたいですよね 。私は結果にも執着しません。ただ、自分の真実と答えを見つけたいです。私のモットーは、日々成長向上するマインドセットで、誠実で正直に生きることです。私にとって、正直に生きるとは、さまざまな挑戦に立ち向かい、自分との約束を守り、自分のアイデアを実行し、自分のビジョンを現実にすることを決めました。
私のこのパッションを求める旅の中で、自分 の新たなアイデンティティを作りました。この新たなアイデンティティは、私がゼロから作り上げたものですから、 私は誇りを持って全力を尽くし 守っています。私は、自分の日々の実践と考え方の一部を共有したいと思っています。それが私のアイデンティティを構築するのに役立ちます。また、私も人々に健全で楽しい生き方の一つの可能な形を提供できればと思っています。要約すると、これが私の生き方です:私は毎日を誠実に過ごす努めをしています。創造性と他者への奉仕に焦点を当てた生活を目指して努力しています。私の能力は限られていますが、私は人生で出会う人々に少しでもポジティブな光になることを願っています。毎日、自分の真実を見つけるために時間と競争しています。
私は、坂本先生と東京のにぎやかな通りですれ違う場面をよく想像します。私たちが振り返ってお互いを見つめると、先生は微笑みながら私にこう言いました。「よくやってるじゃ、元気いっぱいで」 私は、「ありがとうございます、坂本先生」と返しました。
私のポッドキャストを聴いてくれて、ありがとうございます。

https://www.lifedesignerwithjingyuchen.com/